消防指令センターについて

筑後地域消防指令センターの概要

県内初の共同運用で8消防本部が連携

 平成28年4月1日、消防通信指令業務の共同運用の拠点となる「筑後地域消防指令センター」の運用を開始しました。消防通信指令業務とは、119番通報を受けて、消防・救急隊の編成や出動の指示、無線での情報伝達などを行う業務の事を言います。
 これまで、それぞれの消防本部が独自に実施していましたが、複数の消防本部による共同運用は、県内初の取り組みです。
 指令センターが受け持つ地域は、筑後地域の8消防本部(久留米広域、大牟田市、柳川市、八女、筑後市、大川市、甘木・朝倉及びみやま市消防本部)管内の15市町村に及び、面積は福岡県の3分の1を占め、人口は約90万人に上ります。

筑後広域消防 久留米広域消防本部 大牟田市消防本部 柳川市消防本部 八女消防本部 筑後市消防本部 大川市消防本部 甘木・朝倉消防本部 みやま市消防本部

指令センターの特徴や機能

高機能消防指令システムの導入 

 指令センターには、通報場所の特定や各車両位置の把握、出動する隊の編成などを自動で行う「高機能消防指令システム」を整備しました。
 また、新システムの導入に併せて、緊急車両にモニターを搭載しました。このモニターには、出動指令の時点で災害地点とルートが表示されるようになったほか、災害現場に向かっている最中にも、負傷者や災害の状況など、指令管制員が入手した追加情報を文字情報としてその都度送れるようになりました。
 さらには、他の車両の位置や状況、現場周辺の消火栓や防火水槽などの情報も表示され、迅速かつ効果的な消火・救命・救助活動につながっています。

障害者に対応したシステム

 聴覚障害や言語障害など、通報が困難な方からも通報できるシステムとして、FAX119や緊急通報システムWeb119を整備しています。
 FAX119は、「119」をダイヤルし、事前に準備した通報用紙をFAX送信し、指令センターでFAX受信するものです。住所・氏名・FAX番号・かかりつけの病院など、あらかじめ記入しておくと、いざというときに慌てなくて済みます。
 Web119は、事前に登録手続きが必要となりますが、携帯電話等のWeb機能を利用して外出先からでも簡単に119番通報できるシステムです。


沿革

平成24年4月1日 筑後地域消防通信指令事務協議会を設置(地方自治法 第252条の2の2 第1項)

(協議会の担任事務)※規約抜粋
 第4条 協議会は、次に掲げる事務について管理し、および執行する。

  • (1)関係団体の区域における災害通報の受信及び出動指令に関すること。
  • (2)関係団体の区域における通信統制及び情報の収集伝達に関すること。
  • (3)その他協議会の目的を達成するために必要な事務に関すること。
共同運用に向けた各種整備事業を共同で実施
  • 指令センター庁舎建設事業(平成25年度~26年度)
  • 高機能指令システム整備事業(平成25年度~27年度)
  • 消防救急デジタル無線整備事業(平成25年度~27年度)
  • 上記に係る基本・実施設計事業を共同で実施(平成24年度)

地図